スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*ランキングに参加中です*

高熱・・・その後
先週、39度超えの高熱をだした息子ハン。
その時の記事は → 

夜間急患センターでも、かかりつけの小児科でも、
「突発性湿疹の可能性があるので、様子見てください」
とのことでした。

が、熱が下がった後も湿疹は出ず・・・。
結局、風邪だったみたいです!!
熱は3日間でて、その後かなり熱が下がり(35度台!!で驚きましたが)、
今は、鼻水小僧をやってます(笑)

元気は上々!!
なので、こんなことして遊んでますが・・・ (^_^;)

かご1convert_20100216140702


  

洗濯かごが、しばらくお家になりそうです (*^_^*)

  

かご2convert_20100216140727



そんな風邪が治りかけの息子ハンですが・・・。
私、ちょっと後悔してることがあります (T_T)


それは、解熱剤を3回使用 したこと。


夜間急患センターで、解熱剤を処方され、あまり説明を聞くこともなく、
って、私もちゃんと質問しなかったせいもあるけど。
急患センターから帰って、即『座薬』を注入。
その時点で、39度あるかないか。
『座薬』を使用するタイミングは、熱が38.5度~39度くらいになってからということ。
それだけを考えると、即『座薬』ということになります。
しかも、次の日は休日だったから、不安で。。。
5~6時間あけて、2回、3回と使用しました。
どれも39度は超えてましたし、息子ハンの息も苦しそうだったので、
何も調べず、ひとまず『座薬』を使用してしまったんです。


休み明け、念のためにかかりつけの小児科を受診。
そしたら先生から、

「座薬はあまり使用しないようにね。」

「肝臓に負担かかるから、使うなら1日2回まで!!」


とのこと。
そして、『発熱と解熱剤』という資料もいただきました。
それを見て、『座薬』を使用したことを今更ながら後悔したというわけです (T_T)
それによると・・・



・発熱は「生体防御反応」で、大切な役割を果たしている
・解熱剤で熱を下げることは免疫の働きを阻害することになり、病気を長引かせる原因となる
・解熱剤の使用は、安静・睡眠・水分摂取が妨げられている時等に、控え目に使用
・発熱があっても、比較的元気で、遊んだり、眠れたり、食欲もまあまあな時は使用しないほうがよい





とのことです。(勉強の為、抜粋してメモっときます)


あ~あ、過ぎ去ったことだけど、未だに後悔 (*_*)
発熱は、菌と闘っているから出るんであって、むやみに解熱しないということは、知ってたけど。
いざ高熱となり、息子ハンの様子を見てると、解熱剤を使わずにはおれず・・・。


でも、今回の件で、勉強になりましたよ!!


日々息子ハンも成長ならば、おっかちゃんも成長ってわけですね !(^^)!






*ランキングに参加中です*

  
COMMENT

何事もなく熱下がってよかったよかったv-238
解熱剤は、使うか使わないか判断が難しいよね。苦しそうやと使ってしまいたくなるもんね。これからまだまだ色んな病気するから鍛えられるよv-8
そして母はさらに強くなるよv-91

うちは今まさに琴葉が風邪??で発熱中v-8
これから病院行ってきまーすv-220
-------- まいぞう. URL│02/18. 13:51 [ 編集 ] --------
>まいぞうハンへ
そうなんよね~。
苦しそうにしてると、座薬使った方がいいんじゃないかって、迷うv-388
たしかに~、今から、まだまだいろんな病気にかかるんよね~!!
心配やけど、これを乗りきって、子も母も強くなるんだねv-218

琴ちゃん発熱大丈夫?
ニュースでRSウイルスが流行ってるって言ってたから、心配やね。
まいぞうハンも看病で大変やと思うけど、気を付けてね!!
琴ちゃん、お大事にe-376
-------- AmatoU. URL│02/18. 14:54 [ 編集 ] --------
COMMENT FORM











       
TRACKBACK
トラックバックURL
→http://amatou03.blog20.fc2.com/tb.php/240-dc830d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。