スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*ランキングに参加中です*

出産を振り返って 【出産後】
【出産前日】の記事はこちらから → 
【出産当日】の記事はこちらから → 



2009年6月11日 12時頃
出産後、2時間程度様子を見るため、そのまま分娩室で待機。
ちょうどお昼ごはんの時間だったため、食事は分娩室で食べました。
昨晩から何も食べていなかったせいか、
かなりお腹がすいてて、産後でも食欲旺盛!!
その後、経過は良かったので、予定通り病室へ戻りました。



2009年6月11日 14時頃
待ちに待った息子ハンとの対面!!
出産直後、息子ハンに会えたのはほんの一瞬だったので、じっくり顔を見れなかったんです。
出産には小児科の先生も立ち会ってて、すぐに処置を施され、
小児科へ運ばれていった息子ハン。
この時点では、まだ息子ハンがどんな状況なのか分からなかったので、
会えるという楽しみだけが先走っていました。
でも、いざ対面となると、保育器に入った息子ハンを見て、正直とてもつらい気持ちになりました。
できることなら、私が変わってやりたい・・・と。



2009年6月12日以降(入院中)
昨日の出産のためなのか、体中が筋肉痛(笑)
出産後もどこそこ痛いもんですね。
そんなことよりも、息子ハンの様子が気になって仕方ない。
でも、面会時間が決められているから、好き勝手に会いに行けないんです。
我が子なのに、会えない・・・。
とっても寂しかったです。

そして、もっと寂しかったこと。
それは、まだ我が子を抱いていないこと。
他のママ達は我が子を自分の手で抱いて、授乳している。
私は抱くことはもちろん、授乳もできない。
他のママ達が楽しそうに授乳している横で、私は一人搾乳。
それが、一番つらかったです。
なぜだか、とってもみじめに感じました。

それに、直接授乳できないから、自分の胸だけが石のように張って、痛い。
痛くて眠れない。
それよりも、息子ハンのことが気になりすぎて、眠れない。
入院中は、毎日そんなことの繰り返し。
夜になると、なんだか知らず知らず涙が出てました。

そんな入院生活もあっという間に終わり。
ただ息子ハンだけが私よりも1週間長く入院してました。
退院後は通い母として、毎日面会時間に通ってました。
そして、ようやく息子ハン退院の日。
この日を待ちに待ってました。
これから息子ハンと一緒の生活。
大変だろうな、という思いよりも、一緒に過ごせるという喜びの方が大きかったと思います。


出産後convert_20100611022218


『出産を振り返って』長々となってしまいましたが、
お付き合い下さってありがとうございます。
息子ハン0歳最後の日に、なんとか記録を残しておきたくて。
まとまりのない文章をつらつら~と、書いてしまいました。



明日から、1歳がスタートします。
また新たな気持ちで、明日から頑張っていこうと思います。






*ランキングに参加中です*

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。